銀次郎とずっと一緒

2006年11月から家族になったワンコの銀次郎との生活日記です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

銀ちゃん入院しました 

 

ここで書くのが遅れてしまったのですが、28日に銀ちゃんはまた入院をしました。
朝起きたら震えていたので、冷えてしまってヘルニアの痛みが出てしまったのかな?と思い、すぐに温めました。
普通に食事もして、ストーブの前で落ち着いていたので、その間に病院へ連れて行く準備をしていました。

でも、その途中からまた震えはじめ、歩かなくなって、顔色も元気も良くなくなってきたので、用意終わったらすぐに病院へ。
病院までの車の中でも、病院着いてからも、ずっとう~、う~と言っては、ぐったりしたまま苦しそうにしていまいた。

すぐに色々検査して診てもらいました。
すると、どうやら、ヘルニアで腰が痛いのではなく、お腹が痛かったようです。
超音波での検査でも、軽くお腹を押しただけでも随分痛がっていたので、奥までは診れなかったみたいです。
ヘルニアは大丈夫なようです。心臓や膀胱なども大丈夫。

結果は、膵炎(すいえん)を疑った方が良いとの事。
同時に、肺にも少し異常が…。細かく写真などを見せてみらいながら説明してくれたのですけれど、肺炎になった時のように、レントゲンでは肺が白くなっていました。
検査しながらの治療です。

元々、銀ちゃんは、私のところに来たときから、冬になるとゼイゼイと咳をしたり鼻水垂らしたり、不整脈気味だったり、心臓も少しだけ弱い部分もあるのだけど、それも手伝ってしまって、呼吸が余計に苦しいみたいです。

なので、今銀ちゃんは、酸素室にいます。
点滴しています。

だけどね、28日よりは元気になっています。
28日、診察前に吐いてしまったのだけれど、それ以降は吐いていないし!良かった!
入院した翌日に面会に行ったら吠えてた
ただ、酸素室を出るとまだ呼吸が苦しいみたいです。

IMG_5884.jpg

今まだ、膵炎の線は消えてはいません。
検査の数値で見ても、まだ炎症が起きているようです。
だけど、昨日は肺の方は白いのは無くなってきて、良い方向に向かっています。

三が日には退院できるかもしれないです。
昨日、面会したら、体調よりは精神的に疲れている顔になっていました(T_T)

でもがんばってくれていますよ!!
大丈夫だと私たちは思っています(・▼・)ゞ

そういう訳で、今年最後はこんなお知らせでしたけれど、来年は銀ちゃんの笑顔ブログで
始めたいと思っております!

銀次郎を気にかけて見に来てくださった皆様、今年もありがとうございました!!
更新遅くてごめんなさいでした><

来年もまだ続けますので、宜しくお願いしますー!
皆様、動物家族と共に良いお年を!!(^-^*)ノ

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。