銀次郎とずっと一緒

2006年11月から家族になったワンコの銀次郎との生活日記です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ちょっと関係ないですが。【2010.4.8追記あり】 

 

【2010.4.8追記分】
もう、皆さんもご存知だと思いますが、犯人捕まりましたね。
各メディアでも随分取り上げられています。

○ヤフーニュースより。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00001476-yom-soci

犯人本当とんでもないね。ニュースで被害に遭った飼い主さんがインタビューでお話していました。
うちの子はパグで小型犬なのに、沢山の遺骨が入っていておかしいと思った・・・と。
実際に他の犬の遺骨を適当に入れて渡していたようですね。

こういうのって詐欺罪にも当たらないのだろうか。
最初に「廃棄物処理法」って聞いた時悲しくなっちゃったよ。

勿論、犯人が逮捕され、メディアも取り上げてくれた点は良いことだと思います。
転載していただいた皆様ありがとうございました!

---------------------------------------------------



過去記事は”続きを読む”をクリックして読んで下さい。→
お友達の所で見つけた記事を転載します。
銀ちゃんとは関係ない件ですが、この記事を読んでなるべく多く広めたいと思ったのでここでも転載します。


以下転載。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

こころが痛み、また何とも腹立たしく不気味な事件。
埼玉県の飯能市の正丸峠という山の中に5年
以上に渡り無数の犬や猫の死体が放り投げられている。
我が家のさくらセンパイを保護して下さった友人が
このような不穏な出来事を聞き、
調査を進めるにつれて、この事件が明らかになった。


私はこの事件を初めて知った時、虐待犯の仕業か
業者の仕業かどちらかかと思っていた。
しかし投げ捨てられた犬や猫を調べてみると、
綺麗にトリーミングされている子や
折り紙の鶴が入っていたり、純白の布で綺麗に包まれた子、
新しい洋服を着た子がいた。

そのような調査結果から、ペットの葬儀業者の
仕業ではないか??そう予測ができてきた。

愛犬が亡くなった時、、、
合同葬での葬儀を業者に依頼した際に
その業者は悲しみの淵にいる飼い主を欺き
山の中に放り投げて捨てている。


絶対に許せない!許してはいけない!!


愛犬との最後のお別れをし「またいつか会おうね」
そう言って別れた愛犬が冷たい雨風があたる
奥深い山の中に投げ捨てられているだなんて。。。


私も実際に現場に足を運んでみましたが、
こんな山奥に!?という場所でした。
ただただ驚きました。
同じ人間がすることととは思えません。
とても悲しくなりました。


亡くなった子の飼い主さんが知ったら・・・
胸がはり裂けそうな気持ち。
墓前にお参りをしても、愛した亡骸は山の中だとは。。
放り投げ捨てられた遺体には遺留品とも
呼べるものが数々と残されている。

お正月用の黄色いリボンをつけたキャバリアや
水色の洋服を着せてもらったシェルティー・・・
飼い主さん、この犬達に心当たりのある
方達の手がかり・情報がほしい。


この事件を知った方達にも是非、ブログなどで
情報を流していただきたい、切に願います。
悪徳業者逮捕となり、ペット火葬に関する何の規制も
ない法律が今後変わっていくこと。
どうか繋がっていきますように。

昨晩からこの事件の情報が下記の
ブログにて公表となりました。
板橋の犬達を助けてのホームページから
「犬の幸せって?」 をご覧下さい。
こちらのページに実際の現場写真、犬達の写真が掲載されています。

目を背けたくなる写真もあります。
ですが、どうかご覧になり心当たりがないか確かめてください。
また、近日中にYou Tubeでも公開されますので、
調査報告を見守ってください。
そして犯人逮捕にご協力をお願いします。

正丸峠の道路下に、沢山の動物の
遺体が棄ててあるの知ってる?
http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/blog-entry-92.html#cm


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


転載以上。
この記事を見たとき、本当憤りを感じました。
なんなのこれ!!
どの子もそうだけど、自分の愛犬がこんな扱いされていたら!とも考えた。
許せないよ。悲しい・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://gin2216.blog76.fc2.com/tb.php/24-ed496af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。